Loading...


慈しみの会、とは

慈しみの会
 1974年(昭49年)「弱者を救う会」として
手塚光夫氏(’10年6月他界)によって設立
(1995年に慈しみの会に改名)身障者や高齢者支援
少年野球、学校キャンプ活動に携わり
近年の高齢化時代に合わせ、物作りグループ
(よろこび)文芸、芸能の文芸部を1995年より、設立し、
青少年育成事業と高齢者支援活動に会員(約60名)一同
力を合わせ、依頼者様のご要望に応えております。
     

                                       日本語講座 (休講中) 
                 国際交流              中国語講座 (休講中)
                                       韓国語講座

                                      川口キャンプ協会
 慈しみの会     青少年育成             川口ドラゴンズ(少年野球) 

 代表者会議   もの作りグループ       布、紙細工
  (例会)       (よろこび)              ぞうり造り

     
                 文芸部            演芸  現12グループ

   会長 羽鳥
  253-2919

                         慈しみの会文芸部会
   芸能種目
       1.落語2.マジック3.端唄(三味線)4.大正琴5.民舞6.腹話術7.新舞踊8.詩吟
   9.ハーモニカ10.歌(高齢者の方と共に合唱)11.朗読12.オカリナ
  ボランティア活動の詳細
      〇文芸部会は12種類の芸能を持った人々を、そろえて対応しております。(全60名)
      〇各施設からの依頼(社協ボランティアセンター経由を含む)により、
         笑いと夢の宅配慰問及び  各種イベントに参加し、
         地域福祉の推進に務めております。
     〇希望により数種類の演芸を組合せて訪問慰問をしております。
     〇笑いは健康のもと、ストレスの解消にもなり、皆さんに喜んで頂いております。
     〇演芸の他に、囲碁・将棋のお相手・もの作り教室(布ぞうり作り、レタリング等)
       の活動をしております。
  活動範囲
    川口市内全域(その他の地区も応相談)
 申し込み
    1ヶ月前(急ぎの場合も応相談)全員に直接申し込み可能
   必要機器
 カセットデッキ・場所の広さによりスタンドマイク・ピンマイク
   駐車場
 演芸の種類により必要 

                                               文芸部会長    羽鳥 富夫