Loading...


お知らせ

イベント情報 2011-04-01 市の「生きがい温水プール浴」教室終了者のクラブ加入募集中
活動情報 2010-07-09 市の22年度、介護予防事業を受託し完了した。
閲覧書類 定款   2013年度の事業報告書   2012年度の事業報告書   2011年度の事業報告書

上記の情報は、「 埼玉県NPO情報ステーション NPOコバトンびん 」からの転載です。




 上の表でもお分かりの様に、西スポのみが団体使用が去る2月4日の通告で利用禁止になってしまい、一般利用者と共用で
使用せざるを得なくなっている昨今です。
 介護保険課主催事業である「生きがい温水プール浴教室」も15年間、団体利用しており、クラブ活動も
3年6ヶ月月間(前市長の特別な計らいで)団体利用していたのです。
 前記の介護保険課事業も26年4月から無くなり、中高年齢者が自転車で30分以上もかけて他のスポーツセンターへ通った方が数人いて、
介護予防にならないとの苦情です。
 クラブも同様の為、一般入場者と一緒では本来の水中運動が出来ず参加者が激減です。
 施設管理している生涯学習部スポーツ課&スポーツセンター所長の理由は、
  1. 条例に団体貸し出し規定が無い
  2. 休館日の清掃が重要
  3. クレーマーからの苦情
だとの理由だ!
 全く不可解なのは、2月4日の通告時は、前市長が昨年12月25日に他界、新市長の誕生は2月9日であり、市長不在時の出来事であった。
 これでは、公平である善良な市民不在の処置であると判断し、4月1日に最大会派である自民党の団長に条例を変更して欲しいと面談して折衝、
5月20日には新市長と面談して折衝したが、共に所管のスポーツ課長から返事させるとのことだった。
 しかし、結論は不変だった。ご両人とも「蒸しタオル」を担当窓口に投げているだけの返事。
 このままでは、全く八方塞がりの為、6月末に川口市医師会に助っ人を依頼中!